あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

最近きらら系雑誌を読み始めたよという話

どうも、年を取るたびに感受性が朽ちてきていると噂の管理人です。おいっすおいっすやっほっほー。

 

突然私事で申し訳ないのですが、毎週週刊少年ジャンプを購読しております。数十年くらい月曜日のお楽しみにしてきました。Dr.STONEが一番好きです。

漫画雑誌の購読というルーティーンで今日も元気に生きている私ですが、最近ジャンプに加えて購読誌を増やしてみることにしました。大体4誌ほど。偉い多いなオイ。

如何様な訳かもったいぶらず説明いたしますと、芳文社から出ている漫画アプリ「COMIC FUZ」の月額ライトプランに加入致したという訳でございます。今回はそんなFUZプラン加入体験を通して感じたことをつらつらと記していきます。

 

comic-fuz.com

週刊漫画TIMES」最新10号、「まんがタイムきらら」「まんがタイムきららMAX」「まんがタイムきららキャラット」「まんがタイムきららフォワード」最新3号を読むことができるプランです。プレミアムプラン、スタンダードプランではお得にメダルを入手できます。

引用元:COMIC FUZのサブスクリプション紹介ページから

https://comic-fuz.com/subscription

 

いやどうしてそうなったかと言いますと最近SNS上でまんがタイムきらら系の新連載がおもしれーぞ!とかやべーぞ!だのをよく見かけまして、きららベースというニコニコ静画内のコンテンツでぼちぼち読んでたんですよ。でもまあ、ニコニコ静画でその評判の漫画が配信してるとは限らないし、最新話がだいぶ遠いものだってあるんですね。今は大体最新の一話手前くらい追いついているものも多いですがその時(大体7月~8月ごろ)はそうだったんです。

ある時何らかの漫画の最新話がすげえいいぞ!みたいな感じになってへえ、気になるなあ、雑誌買ってみようかなあと思ったんですね。でも、こういう漫画雑誌って途中から入るのってだいぶ難しいじゃないですか。知らない漫画ばかりだしみんな話途中で展開ついていけなかったりしたら怖いし…じゃあ単行本でいっかみたいになってこちらからタイミングがつかみづらい…。

いや買おうと思った時点でそれはもうそのタイミングじゃん。

ほな購読するか!

 

 

長く話しましたが要するに旬に乗って購読し始めたという訳です。みんなは長い話をするときには結論から先に話そうね。

 

で、入りましたFUZ月額ライトプラン。月額なんて合わないと思ったらその日に即日解約してしまえばいいんです。ネットフリックス限定配信のトランスフォーマーのアニメ見るときはいつもそんな感じで即日解約して一カ月楽しんでおりました。余計に料金持ってかれたら嫌なんです。守銭奴なんですよ。FUZのライトプランもそんなケチな感じで読み始めることにしました。

 

未だFUZに月額料金を払い続けております

 

4コマ誌3誌は全部愛読し続けております。

 

沼です。

 

してやられた。ここまでハマるとは本当に思わなんだし今更抜ける気なんてサラサラないね。まさか生きていて小学館のCMみたいに楽しい漫画がいっぱいだー!!なんて言葉を言う日が来るとは思いませんでした。特に言う相手いねーだろ

 

そこでちょっと面白いなと思ったことをいくつか。

実は電子媒体で雑誌を読むということ自体初めてだったんですが、電子の雑誌だと紙の漫画みたいにパラパラめくってすぐお目当てとか目についた漫画に行ったりすることができないんですね。目次から読みたい作品にすぐジャンプすることも可能ですが、まあ面倒。最初から読み進めた方が楽になっちゃうんですね。私はいつも最初から最後まで順に読み通してるんです。故に殆どの掲載漫画に自然と目を触れるようになってる。たとえ読み飛ばしてしまってもああ、こういうのがあるんだって認識だけでもできる。自分で新しい作品を見つけるのが面倒な人とかには逆に勝手に認識しやすい環境になってるのでありがたかったり。面倒な人てお前か

そしてまんがタイム系の雑誌って4コマが多いのもあって、知らない漫画でもある程度気軽に読めるようになってる。たとえ続きもんだとしても先述したきららベースで幾つかは過去の話を読む事が可能になってるんですね。しかも今は新連載が多いらしくて一から百まで触れることが容易な作品が多めらしい。そういう時期だからきららベース始めたのかもね。

まあ何が言いたいかというと、殆どの作品を受動的に認識でき、かつ読み始めやすい環境が整ってるんですね。もっとかみ砕いて言うと、すごい途中参加がしやすい形態が出来てたんですわ

 

皆さん、お気づきかもしれない…ああ、これは勧誘が目的の記事であるという事に…。

でも私もね、好きな「まちカドまぞく」のコミックスの続きがすぐ読めるよ!という美味しい誘いを聞いても、すぐ実行に駆られなかったことを考えると、やはり上で述べたあれこれは実際に体験してみないと分からない部分の方が多いんでしょうね。理屈じゃないんだ、経験なんだ。実際もしほとんどの作品が肌に合わなかったらどうしようとか、月500円くらいを払う位なら年一で好きな作品だけに500円払った方が得だとか、定期購読に対するデメリットの方が思い浮かびやすいし。…あ、この500という数字は、5誌の定期購読(※月間なら各号3カ月読み放題)が一月500円くらいで可能というのを表してます。

 

つまり、500円あればきらら系だけでも12冊読めちゃうんですね。

 

 

肌に合う作品が多い程得ですわ。

 

でも逆に後で何か代償を請求されないか不安になるわ。

 

因みにこの3カ月分読み放題というのも、一月に3号分読み放題を意味するんですが、大体きらら4コマの読み切りって3カ月集中連載みたいなパターンが多いので、そういうのがすごく読みやすかったりするんですね。まあ、読みやすさに本当に特化してるのね。

 

どちらにせよ雑誌の定期購読の途中参入というのは結構勇気がいるというのは事実です。そしてそれが故にやってみようかなと思い始めたら、それが初め時なんだと思います。もちろんお金に余裕があればですけど。

で、この記事が言いたいのは電子の、特にFUZのライトプランならいろんな作品に触れやすくていいよということ。自分で作品を発掘するのが苦手な人にはおすすめかもよって言う話です。以上迄のはすべて個人の意見ですが、そういう電子のメリットやきらら雑誌の子の入りやすい環境が整っていることを少しでも実感したなら、こうして文章に起こした方がよかろうと思ったから書いた次第であります。どうもアニメ化作品が多い割には雑誌の認知度が低いらしいので。楽しい漫画がいっぱいだよー!

 

 

 

とりあえず楽しい漫画がいっぱいだというなら何がオススメなのか、ざっくばらんに申しますと…

 

「ぬるめた」…女子高生の仲良しメンバーに一人人造人間がいる!これだけ理解しておけばスラスラ読めるし、なんなら毎回人造アピールしてくるので忘れててもだいじょびジョビウッド。もういつ読み始めてもいいという途中参加勢大歓喜の一作。あと妙にリアルな会話劇が中心なので、読めば読むほどそのリアルとファンタジーの奇妙な混ざり具合にズブズブハマっていきました。沼に落ちたら、その暁にぬるめたアーキタイプへ没入しましょう。

seiga.nicovideo.jp

「ばっどがーる」…始まったばかりだったのでニコニコで補完しながら読めた。ほんといいタイミングで入った。あらすじは主人公の女の子が風紀委員の先輩に注目されたいから不良の振りをして構ってもらおうとする話なんだけど、この先輩が一見おっとり系ながら滅茶苦茶魔性の女。滅茶苦茶先輩に気に入られていて正直主人公の最初の目的は既に達成されてるような気もするし、先輩と主人公、一体どっちが「ばっどがーる」なんだよっていう非常にエモい一作。

seiga.nicovideo.jp

「しずねちゃんは今日も眠れない」…ここではあんまり紹介しませんでしたが割と尖ったりネガティブこじらせたりする作品が多い中(これでも最近増加した結果らしい)、寝不足の女の子が羊の抱っこぬいぐるみ買ったらわー女の子に変身しちゃったわお友達になりませんか(※超要約)という外も中も滅茶苦茶ほんわり可愛い漫画。いや別にそういう可愛い特化の作品はこれ以外にもいっぱいあるんですが、こういう睡眠とかぬいぐるみを題材にしたファンシー系かわいいってベタな様で少ないんですよね。そんな探し求めてた「かわいい」に出会えて刺された、って印象の漫画です。

seiga.nicovideo.jp

 

まあ三作も紹介出来たら十分でしょう。やりたいことを済ませたので私はもう寝るとします。元旦ですし。

 

 

 

因みにきらら系4誌愛読してるといいましたが、正直に申しますとその4誌がどれで何かは未だちゃんとした区別はついておりません。こないだ完全にフォワードとキャラットが入れ替わってた。発売日も覚えられていない

縦長の画像ってブログには不向きよね。


f:id:untikun:20211228175849p:plain

だいたいお絵かきソフトの素材でこと足りてしまった。


もう2021年中のこれ以上の更新は絶望的だなあと思ってとりあえずブログ用にコラを貼ろうと思ったんですが、結局コラじゃないものが出来ました。めんそーれ。

以下、最近作ったいろいろな画像。

 

f:id:untikun:20211228180503p:plain

f:id:untikun:20211228183447p:plain



 

 

あとクイズで思い出したんですが、

onara.hatenablog.com

これの答え合わせを6年もほったらかしてたのでいい加減やりたいと思います。

知らないよという方は上記記事のリンクをぽちっと押してチャレンジしてみてください。間違いは14あります。先ほど解答画像を製作していた私でも思わず「多ッ!」と口に出してしまいました。ええ、解答画像作ってました。当時には作ってなかったらしいです。おかげで最後の一つが自分でもわからなくて先ほどまで1時間くらい悩んでました。クソバカが書いてんのか?

 

 

f:id:untikun:20211228182537p:plain


皆さんも、まちがいさがしは計画的に。





時の迷路を走り抜けろ!きかんしゃトーマスレビューその2(Series 3 Review Part2)

※本記事に使用している画像の著作権はマテル・エンタテインメントに帰属します。

全く読む必要などない前回までのあらすじ!!

23期のレビューの続きをやろうと思ってたら録画全然残っておらずちんたらしてたらその次の24期の日本放映が終わってしまった!え?これで新作終了?じゃあ俺を焦躁の地へと追いつめるものは何もねえな!とタかヲ括っテたらなんか日本オリジナル映画の製作が決定してしまった!いやYouTube限定コンテンツを吹き替えて再編集したらしいんだけど流石ものづくりの国ニッポンだこん地く縺上@繧?≧縺鯉シ√%縺ョ隱ソ蟄舌〒譛ャ邱ィ謐城??縺励※繧ゅ>縺?s縺?縺懶シ√≠縺」縺輔☆縺後↓縺昴l縺ッ辟。逅?シ溟汳ヲ譛?

縺昴s縺ェ諢溘§縺ァ莉頑律繧?譛溘Ξ繝薙Η繝シ縺?縺懶シ?シ∫樟莉」縺ォ謌サ繧区ー励′縺輔i縺輔i縺ュ縺医↑繧ウ繧、繝?シ√∩繧薙↑繧医m縺励¥縺ェ??シ

 

蜑榊屓蛻??縺薙■繧峨°繧俄?

onara.hatenablog.com

 

 

(邯壹″繧定ェュ繧?縺ァ譛ャ譁)

続きを読む

近況

11月は去年からほったらかしにしてたトランスフォーマーのアニメのレビュー書きたいと思いますので、今月の3期レビューはお休みしたいなあと思ってみたり。月間連載だったの?!

 

時の迷路を走り抜けろ!きかんしゃトーマスレビューその1(Series 3 Review Part1)

※本記事に使用している画像の著作権はマテル・エンタテインメントに帰属します。

全く読む必要などない前回までのあらすじ!!

23期のレビューの続きをやろうと思ってたら録画全然残ってなかった!こうなったら再放送までの場つなぎでしばらく違うシリーズのレビューをするか先に24期のレビューをするしかねえ!!

 

ということで92年放映の第3シリーズのレビューをします。

(続きを読むで本文)

続きを読む

マスソングを語る会

「こんな背景なんだからさ、トーマス記事を書きなさいよ」

 

相変わらずそんなことは言われていないんですが、お得意の幻聴でそんな声を聴いたのでじゃあなんかやってみます。今まで相手にしてこなかった「トーマスソング」について語ってみましょう。

 

トーマスソングはOPで使用されているもののほかに沢山数があります。いろんなとこで「挿入歌」とは呼ばれているんですが特に劇中で使用されることは滅多になく、あったとしても発表から15年後だったり。映画はよくちゃんと挿入歌として使ってたんですけどね。そもそも公式で挿入歌って呼ばれたことあるのかなあ。英語圏の通称はsongsな訳だし。イメージソングくらいが丁度いいのかしら。とにかくOP以外だととことんマイナーになりがちだよっていうのがトーマスソングな訳です。正直最近の楽曲とか増えすぎて把握できておりません。割と高い頻度でアルバムだしたり局増やしたりしてる辺り、結構音楽方面でもマスはウケてるのかなあ。

 

と、まあ大まかな概説はこの辺りまでにしておきます。さて、今回はYoutubeのトーマス公式チャンネルからアップロードされているMVを適当に引き当ててそれについて語る(※語るのは歌の、MVの内容どちらでも可)、これを5回くらい繰り返してとりあえず記事としての体裁を作るだけ作っていきたいと思います。意義も糞ねえ

 

まずYoutubeで「Thomas Song」と検索します。これで一番高い所に上がったマス公式の動画が最初のお題曲です。埋め込んでみるので実際に聞きながら記事を読んでみると面白いかもしれません。

 

最初の曲はこちら!

youtu.be

All The Girs Around The World

女子がいっぱい増えたので作られた曲…というか国連介入の影響をがっつり受けた曲です。思いっきり大陸名出てるし。テーマ性に突っ込んでいくといつもの22~24期disに落ち着きそうなので避ける方向で行きます。トーマスである理由は微塵も感じられませんが、まあ楽曲としてはなかなか爽快で格好いい感じに。トーマスらしさがないという点では他人に進めやすい曲ではあるのかもしれません。多分トーマス関係の語一回も出てないからバレやしねえバレやしねえ!ただ気になるのは歌詞と被りながら挿入される台詞の数々。MVとしてはアリなのかもしれませんが、この曲自体このMVでしか聴けない物の為歌を聞きたい人には惜しい感じです。まあそれも音楽の内と割り切れるならいいんですが。以上、「普通の楽曲として聞かせてもまあバレないだろう」って曲の話でした。

 

続いてはYoutubeの自動再生機能で次に流れたこの歌!

 

youtu.be

Race With You!

短編をいくつか纏めたDVD「Strart Your Engines!」のために制作された楽曲。競争をテーマにした楽曲ですが、同じ題材の「Let's Have A Race(きょうそうしようよ)」とはまた違った味わい。あっちは競争当事者の気持ちを形にしたのならば、こちらは観客の気持ちを形にした…といった風な違い。CGシリーズの楽曲ではおなじみの名前コールも走者読み上げみたいな感じします。只映像の都合上実際に競争しているキャラクターがマス、ジェームス、ケイトリンとコナー、あとバスのバーティ―くらいなもので名前コールに含まれてるキャラの大半は普通に走っている映像だったり。でっち上げスキルに万々歳。最後の寸詰まりな決めで響く女性コーラスが好きです。

 

さて次は関連性の高い動画の欄で、楽曲動画群で一番上にいたこれ!(※これより先の選び方はこれと同じ方法で行きます。自動再生だと本編映像に突入しちゃうから。)

 

youtu.be

Never, Never, Never Give up(だめだめあきらめちゃ)

模型時代の楽曲。一昔前なら松岡修造の曲かな?と注目を集められそうな曲名ですが、今回は映像を新しいものに差し替えた英語版。70周年企画の一環で投稿された動画の一つです。模型版では数字の付いた蒸気機関車が順に事故を起こしていくMVだったのですが、それじゃ元のニュアンスとはかけ離れている気がしたのか、今回のバージョンでは頑張っている映像にウェイトが置かれています。表情豊かなCGシリーズだからあきらめない状況が伝わりやすくなった感はあります。模型版のも好きなんだけどね。惜しむらくはなぜかサビのフレーズが削られている所。なのでぬぐえぬ消化不良感を味わえます。ショート版を捏造したいからと云ってサビを削るのはどうなんだろう?削られた箇所は最後の最後でようやく使用されます。もっと削れそうな所ありそうなのでこらちょっと意図が分らんなあという種類の問題のついたMVでした。しかし模型期で事故映像だらけだったのは前年の「じこはおこるさ」の呪縛か?

 

youtu.be

Accidents Will Happen(じこはおこるさ)

とか言ってたらこれが来ました。先ほどとは打って変わって模型版です。冒頭でマス楽曲はOP以外だいたいマイナーと言っていましたがこれだけは例外。この大惨事な映像に乗せて明るく歌うんだから、妙なカルト的人気を誇ってしまうのがこの「じこはおこるさ」なのである。そりゃこんな事故シーンの連続見せられてたら子供ドハマりマッシグラ間違いなしですわ。というか事故起こし過ぎでは??要するに失敗してもくよくよすんな!っていう励ましソングみたいなものの筈なのですが、どうもバラエティとかでよくある悲惨VTR連続でご紹介の図と同じように見える。これに比べたら我々の失敗なんか屁でもねーぜ!って気持ちになるのが正解なんでしょうか?

CG版ではそのことを反省したのか比較的大人しめの映像で構成されているんですが、その代わりラストサビ突入前の伴奏が追加されてより疾走感高まったという感じも。

歌の内容もMVも良くも悪くも5期の曲って感じです。このとりあえず事故シーン最優先で作った感じが

 

youtu.be

Party Train

そして再びCG期の楽曲に。これは75周年記念の曲。このMVでは楽曲専用の完全新規映像が制作されているのですが、実は2011年以来久しくなかったので特別感がどえらいことになっております。あの人間たちが連なって陸橋渡ってるとこと最後ね。逆にそれ以外は多少いじったものもありますが(ケーキのシーンとか)、ほとんどはそのままの仕様なのでCGシリーズって結構浮かれてたんだなあと実感。まあこの時にはもうファンタジーシークエンスも出そろってましたし。そういえばずっと前の楽曲のような気がしていましたが一応ついこの間までやってた24シリーズの曲なんですね。すっかり遠い記憶になっていました。

 

youtu.be

Lorenzo's Song/Legend of the Lost Engine (きえたきかんしゃはだれ?)

イタリアの機関車が歌ってた歌。客車の方は歌ってない。日本語版では麒麟の川島氏が歌ってる。良い声すぎる。ここまで役に合致した配役があっただろうか。機関車が舞台の上に立っている件に関しては面倒なので言及しません。1番で自分こと歌って2番からトーマス視点に移るのはシンプルながら好きですね。それと舞台とか回想のモザイクアートの帯等丁度文字と重ならないようになっている所を見ると色々考えて映像作ってるんだなあとしみじみ。でもファンタジーシークエンスの場面時にある蒸気のフレームは消せないんだね。あと舞台上のロレンツォも楽曲専用の新規映像でして、Party Trainよりこちらの方が先ですので前言撤回しなくてはなりません。あーあ

 

youtu.be

Wake Up(おきろ!)

気持のいいシャウトから始まるは国外に出て第一の歌。「Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」での楽曲になりますが、あの映画はほんと歌の使い方がしっかりしていて好きだなあという思い出がよみがえります。旅を彩るのは歌であり、歌を彩るのは旅の思い出なのである。この間奏に夕暮れの広いアフリカの大地を走るトーマスってのがすごくいいですよね。キリンたちと並走しているのも好き。「Go!Go!地球まるごとアドベンチャー」の良い所が詰まった楽曲であります。ところでこれは挿入時の映像そのまま使われているんですがこれをMV(ミュージック・ビデオ)と呼称してもいいんだろうか。

 

 

 

…さて、この後も関連度の高い動画の一番上にあるトーマスソングを聴き続けていきましたが、映画「とびだせ!!友情の大冒険」の楽曲が続きまくってしまったため、映画の思い出を語る会になりかけてしまいました。それじゃなんか違うよなあと思ったので今回はここで打ち止めとさせていただきます。意外と語れました。

今回の選択はYoutubeのランダム性に頼ってみましたが、やっぱり履歴が関わってるからか聞いたことのない曲には当たりませんでした。それが幸か不幸かはよくわかりませんが。狙ってもないのに「じこはおこるさ」引けたのは幸です。

 

落ちは特に用意してないので以上。

 

 

 

メゾ●ド・ペン●ンの終盤もこんな空気だったよね。

おいーっす、おっすおっす、こーんちゃーっす。2カ月ぶりでござんすね、おひさちゃいーっす。と書いて暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。2カ月ぶりに御機嫌よう、筆者です。っていつか自動でルビが振られる時代が来ればいいのにね、筆者です。2回言っちゃったよ。

なんでこんなに間が空いてしまったのか、と言いますと単純にブログへの熱意が落ちてたからです。もう大したことのない話はツイッターでしてしまうため「じゃあこっちはツイッターで出来ない程濃い文章でも書いて差別化すっか」みたいなスタンスが出来てしまい、どんどんどんハードルが上がり年々年労力が増大になっていき、日に日に日に書く気力が削がれてしまうという仕組みでございますわよ、おほほほほ!あとツイはレスポンスが受け取りやすいのに対し、ブログはそういうのがイマイチ受け取りづらいってのも熱意削減のいやあこちらの更新を楽しみにしている方がもし万が一ごくわずか少量ながらでもいる可能性が1%でも一瞬程でも確認されていたのならばまっこと申し訳ないです。最悪ツイの再放送とかまとめでもするべきか。それは果たして需要があるのか。すべては混沌の中――

 

で、2カ月も空いてしまうのはブログ更新事実上の終了が迫ってきてるサインみたいなものだよなあと思いまして、じゃあ無理にでもなんかしゃべって更新継続ののろしでもあげっか!みたいなテンションで本日のポストだ!掲示という意味のポストだ!思し召しは啓示だ!おしめはおむつだ!お前最後にもらったコメントの内容思い出してみ??

 

 

・・・

 

あしあとモンチッチーズは、皆さんからのコメントが執筆の励みになってます!気が向いたらコメント送ってみてね!!ツイッターよりは返信率いいよ!!

 

で、今日は何をやるかというと…そうそう、こういったネタを探すの段階で結構苦労するんですよね。レビュー時間かかるし、キャラ紹介次動物だし、そもそもデータベースよりブログっぽいのやりたい気分もあるし…。やっぱニューロマンサーは3,4周目からが本番なのか。確かにあの内容ならそうだと思うけど2周すらしていないもんなあ、今なんかラジオ聴きながら作業してんのかお前???スズメバチの黄色が入門編かあ、物理書籍買ってみるかなあ。さてはニンジャスレイヤー11周年記念スペース聴いてんのか!!*1こう、書きながら聴きながら、合間にツイッターの連載を読んでます。ペースがゆっくりで読みやすい。だからって記事に実況を挟むな。えっとなんの話でしたっけ、そうネタの話ですよネタの。ずっとデータベースみたいなことばっかやってきたので開設から9年立った今でもネタ考案に苦しんでいる。コメントで提案頂いたことやれば楽なんですよ…ですがそもそも書く気が起きてないって言う。やる気が先かネタが先か。それは書いてる本人もイマイチわかっておりませぬ。多分今回みたいな義務感が先だよ。ぬう。

 

onara.hatenablog.com

義務感更新の先例がこちらだよ。というかこういうネタに困った云々をひたすら述べた記事はこのブログにはたくさんあるよ。ただカテゴリが「無題」と「ブログ関連」と「その他」にバラけているよ。無題がいらないなこれ。どうにかしておきます。どうにかする程のことなのかこれは???

 一応更新継続の手として去年の11月から始めたのが、

onara.hatenablog.com

このお手軽漫画感想というポストなのですが、まあこれもなかなか「2」が出ませんねっていう。がっこうぐらしアニメ2期いつなの??一応これは本当にただ最近読んだ漫画を何も深い考察みたいなのは用意せず、ひたすら率直な感想を短く述べていく、と言った感じのスタンスでやりたいと思って始めた記事なんです。じゃあなんで続き書かねえんだって言われると…PCの前で書くと気張って考えこんじゃう…っていう悪癖が発生してしまうのです。本末転倒!!次回まちカドまぞく*2ってこないだ言いましたが、書けるんだろうか。できるできないじゃない、やるんだよ!!!おっ良い感じのこと言うじゃん~~~。太字にはしないんだけどさ。

一応これでネタの話終わりか?で、本題に突入しようと思いましたが、なーんとあっという間に2000字です。修正入れない限り多分3つ目の0の字で2000字目です。当たり前だぜ!この筆者はなにからなにまで計算づくだぜーッ*3

 

ということで序文が長くなったことを理由に今日はもう終わります。もうみんなも読むの飽きてきただろ!

じゃあの!

 

・・・

 

因みに実際はシャニマスの記事でも書こうと思ってた。

f:id:untikun:20210725010225p:plain

これは文に添える用の絵ですがどこで挟めばいいのかわからなかったのでここで挟むよ


 

 

・・・

 

最後にあしあとモンチッチーズは、皆さんからのコメントが執筆の励みになってます!気が向いたらコメント送ってみてね!!ツイッターよりは返信率いいはずだよ!!

 

というか二つ前の記事もこういう裏話系だったけどあしあとモンチッチーズ大丈夫???これこそブログ終了のサインじゃない???

 

 

これは書いている時に聞いていたニンジャスレイヤーのスペースで紹介された書籍だよ。なんかスズメバチの黄色が初心者向けなんだってさ。ニューロマンサーは影響元みたいなところですごく難しかったよ。でもあらすじわかってくると面白いよ。

*1:ツイッターの配信機能のアレだよ!筆者は最近ニンジャスレイヤーにハマりだしたんだ!この記事はニンジャが11周年の2021年7月24日に執筆しているよ!筆者はヤモト・コキに注目してるよ!でも筆者長い小説読めんの?!若干難しいとしているよ!大丈夫??

*2:筆者が最近ハマってる日常神話きらら系コミックだよ!近い未来でアニメ放映予定だよ!かわいいバクのおじさんが出るよ!!

*3:ほんとはちがうけどみんながくやしがるならこういってやるぜ ケッ!