あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

キャラ紹介71ハーヴィー

「でも、いつだって助けるよ」

f:id:untikun:20200310235627p:plain

ハーヴィー(Harvey)

※楽曲「5つのあたらしいきかんしゃ」ではハービー

色:赤 分類:クレーン付きサイドタンク式蒸気機関車 モデル機:ダブス社製クレーンタンクNo. 4101

概要

ハーヴィーは寛大かつ真面目で陽気なクレーン機関車である。彼の活気溢れる声とその個性的な形状を持ってすれば、いつでもハーヴィーはどんな事故の後片付けにも向かうことができる。

(Harvey is a big-hearted and relentlessly cheerful crane engine. With his booming voice and unusual shape, Harvey is always ready to help clean up after any crash.)

―現公式サイトバイオから引用

 ふとっちょの局長の鉄道にお披露目会をしにきたクレーン付きの蒸気機関車。その"おしろめ"ってなあに?自分ができることをみんなに見せるんだ。例えばボクはトーマスと競争できる!ブルンブルン!多分それ見せたらお前即退場やぞ。要は試験運用のことで、一緒に来た鉄道局の役人の調査を合格するとそのままふとっちょの局長の下で働けるという今じゃなんともレアな増員ケース。次回のソルティーも石切り場が多分試験運用地だったんだろうし、この頃はまだ手順を踏んでたんですね。役人はクラス40のときも来てたから特別なものではなさそうだし。いやアレか、小型ディーゼルやクレーン機は初導入だったからか?原作でも試験受けてたのは新型ディーゼルばっかだったし。最近のシリーズは導入に対する慣れが出てるのか?閑話終了。来島した夜、彼はその珍妙な恰好から冷たくあしらわれてしまう。

「ハーヴィーはちょっと変わってるね」

「あのカッコ、機関車じゃないみたいだ」

「トップハム・ハット卿は、あんな奴に客車を牽かせないね」

「車輪付きのチョコレートアイス~www」

「ぜったいにぼくの郵便は頼まないから!」

どいつもこいつも本人の隣で思ったこと何でも口に出すしパーシー急にフラストレーションぶち込んでくるなお前朝親しげに見てたじゃねえかなんだあの眼差しは役人しか認知出来てなかったのかお前。主役補正でトーマスから励ましを受けるが内気なハーヴィーはすっかりしおれてしまうが次の朝パーシーの脱線事故の知らせが入る。ハット卿は救援作業をハーヴィーに命じ、彼は見事なクレーンさばきで現場を片付けるのであった。たまたま居合わせた鉄道局の役人たちは彼の仕事っぷりに感激しふとっちょの局長の鉄道で働くことを許可したのであった。

ハーヴィーの事を見直した仲間たちは彼を歓迎するのであった。

「よくやったな、ハーヴィー」

「本当に役に立つ機関車だ!」

「ぼくの郵便を運んでもいいよ!」

この回のパーシーいやに郵便への拘り強い

 

 

初登場エピソードにおけるネガティブな印象が強いが本来は前述のとおり陽気な性格。ただ初登場期の声がなんか妙に人をうっとりさせるボイスだったり普通にビジュアルだけでも十分目立つことから出番はあれど喋る機会が少なかったりしたためちゃんと見てても最近とってつけた設定かなあ程度にしか思えないのが玉にキズ☆ いや星とかつけたら可愛くなるかなあと思って。一応冒頭の説明文は再登場前の2010年には確認できた文章なので後付けではない…と思いますが結構適当書いた可能性も否定できませんね。だってトーマス公式だから。因みに初期の文章では当たり障りなく正確に関する描写はほぼなし。やっぱ適当なのでは。

 

陽気な彼だが、その容姿にコンプレックスを抱えているのもまた事実。自分の容姿で騒がれたり注目されることを好まず、それを避けるために一人で物事を解決しようとすることも多々ある。

 

【楽しい豆知識】彼は操車場や港、建築現場で働くことを幸せに思っているが、実はソドー浄水場が彼の本拠地である。

(FUN FUCT: He's happy working in the yards, the Docks and building sites, but his true home is at the 'Sodor Water Works'. )

―現公式サイトバイオから引用(モデル機に関する情報は省略)

 

f:id:untikun:20200311004105p:plain

▲実はクレーンのついた機関車はハーヴィーのベースになった機体以外に割ともうじゃうじゃいたりします。画像はロバート・スティーブンソン・アンド・ホウソーン社が設計したクレーン機関車でwikipediaからの引用。小回りが利くよう小型機への設置がほとんど。

 

エピソード

・深い…いやまあ浅めの訳があってチューバ奏者を探し回って事故を起こしたトーマス。後片付けにやってきたハーヴィーはトーマスに脱線の訳を尋ねる。このときの緑川の優しい演技と間の置き方がたまらなく好きなんですよ…。(TV版第8シーズン1話)

・深い…今度はまあ浅くない訳があって急場を救うことになるトーマス。きゅうばとチューバって似てマスよね。まあ急場を救う前にトーマスは"むずかしいカーブ"で脱線してしまう。カーブを渡り切れない自分に嫌気がさししおれてしまうトーマス。ハーヴィーは優しく彼を元気づける。さっきのもそうですが初登場エピソードでトーマスがハーヴィーの味方であったことを考えるとこのシーンにたまらない感情を覚えてしまう。こういう優しさの応酬に弱いんですよ。嗚呼、エモーションが爆発するみんな逃げろぉ。(TV版第8シーズン5話)

・ビルとベンにそのクレーンで釣りでもするのかとからかわれたハーヴィー。ポーターに勝山的聞き流し方を授かるがかえってその軽口が急場を救うヒントに。慣れない貨物運送で事故を起こしてしまったハーヴィーだが自分のクレーンで処理できることに気づいたのだ。こういうメリットが皮肉にも後々の独りよがりな面を助長しているのかもね。(TV版第17シーズン22話)

・クレーンのギアに枝が絡まった時は注目を集めるのを避けるために一人で解決しようとし事故を起こしてしまう。ハーヴィーは人に助けを求めることの大切さを知る。(TV版第21シーズン4話)

 

筆者コメント

意外と長くなってしまいました。ありゃりゃ。

関連商品

ハーヴィーのはつしごと

ハーヴィーのはつしごと

  • 発売日: 2016/12/20
  • メディア: Prime Video
 
新きかんしゃトーマス シリーズ5 6巻 [DVD]

新きかんしゃトーマス シリーズ5 6巻 [DVD]

  • 発売日: 2006/11/01
  • メディア: DVD
 

担当声優

英米版CV:キース・ウィッカム(第17シーズン~)

日本版CV:緑川光(第6シーズン~8シーズン)→桜井敏治(第9シーズン~10シーズン、17シーズン~)

 

 

 

次回予告

えらい機関車ではとばのディーゼル、いつもきみについていくよ。

 

記事に使われている画像の著作権は特に注記の無い限りマテルクリエーションズとヒット・エンタティンメント・リミテッドに帰属します。© 2020 Gullane (Thomas) Limited. © 2020 HIT Entertainment Limited.