あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

キャラ紹介70クランキー

「船を待たせるわけにはいかないんだ!連中は大事な貨物を積んでいる。潮を飲ませたら、足止めを食っちまう!もっと船を尊敬しろよ!君たちはちっちゃいんだから!」

f:id:untikun:20200203232711p:plain
クランキー(Cranky)

色:深緑 分類:クライミング式ジブクレーン モデル機:なし

概要

すべてのクレーンがそうであるようにクランキーは高さと力強さを兼ね備えているのだが、時にそれらは機関車たちの悩みの種にもなる。だがもしクランキーがフック以上にいばり散らせば、機関車たちから仕返しを喰らうことは彼も知っている。それでも彼は機関車たちをからかうことをやめない。それが良い仕事関係を築くのに最適だと彼は言うが、真実か否かパーシーに訊ねるのは止した方がいい。

(Like all cranes, Cranky has a high and mighty attitude that often annoys the engines. Cranky knows that if he ever gets too big for his cranes hook, the engines have ways of getting back at him. However, Cranky enjoys teasing them because, he says, it makes for good working relationships-but don't ask Percy if he agrees!)

―2002年トレーディングカード裏面バイオから引用

ブレンダムの港に新しくやってきたジブクレーン。あ~~~この紹介初々しい!もう20年前の情報ですよ!キヤァ~~~~!!船着き場で荷物の積み下ろしをしている。名前が表すように大層なへそ曲がりでいつも不機嫌、下々のものを見下し嘲笑う高慢な態度をとるなど決して友好的とは言い難い。その態度が災いして機関車たちと揉める事になって仕事がはかどらないこともしばしば。もともと彼自身仕事熱心だからこんな態度をとるわけであるので悪いヤツではないのだ、悪いヤツでは。効率主義?まあ最初の頃はすげー調子に乗って自分で仕事遅れさせてたんだけどね。またゴードンとジェームスが馬鹿言ったんですよ。後年では相変わらず不愛想ではあるが、態度の悪さは影をひそめるようになった。声が江川から黒田に変わったからだと思う。まだ来たばかりの頃は友達はカモメしかいないと言っていたが、今は違うんじゃないかなあ?(レオごっこ)

 

 

【楽しい豆知識】普段クランキーは港で働いているが、"もし絶対に必要であるならば"彼はソドー島の他のエリアに移されることもある。

(Fun Fact: Cranky mainly works down at the docks.He will,however,be transported to other areas of the island "if it is absolutely necessary")

―2002年トレーディングカード裏面バイオから引用

 

エピソード

・来たばかりの頃、貨物船が船着き場に衝突し機関庫ともどもなぎ倒されてしまったクランキー。からかいの対象にしていたトーマスとパーシーによって元通りに立ち上がることができ(どうやって?)、小さな機関車たちの事を見直すことに。しかしまたパーシーの事をおちびさんと言って怒りを買ってしまう。パーシーはクランキーと鎖でつながってることに気づかず移動しようとし、彼はまた横に倒れてしまうのであった。絶対死人出たやろ今度は。(TV第5シーズン1話)

・相次ぐ仕事で寝不足になるクランキー。それをからかうビルとベンやソルティーたちにイライラして彼は積み荷のパイプを滑らせ建物を壊してしまう。立ち往生したソルティーの昔話を一晩中聞かされ続けたクランキーはもう些細なことで苛立ったらしない事を誓うが…。(TV第6シーズン3話)

・リボンのかかった木箱を落としたクランキー。中から音がしたので壊してしまったと思い、彼はリボンの木箱を見えないところに隠してしまう。(TV第19シーズン5話)

 

筆者コメント

TVシリーズオリジナルシリーズの幕開けを飾る記念すべきキャラクター。建築物キャラとしても第一号となります。一応乗り物っちゃあ乗り物ですが、彼の登場を当時見てた先人たちはいったいどういう気持ちだったんでしょうね。又こういうキャラクターは背景シンボルにもなりますので、彼がお馴染みの「ブレンダムの港」に建築されること自体が大きな転換と言っても過言ではないでしょう。コリンやレッジはスポット自体が目立つ場所ではないので大した意味は感じませんが、この後登場するカーリーも同じく「ブレンダムの港」のシンボルになりますし、結果論では登場時期もクランキーと同じく作風の過渡期に当たりますね。カーリーの登場はこれからのリニューアルの暗示、即ち急遽ぶっ込まれたエピソードだった…!?なあんちゃってなお話ですがだとするとあの回のエドワード推しも妙な意味が付きそうですね。なあんちゃって。以上、お蔵入りになった21期考察の焼き直しでした!

関連商品

きかんしゃトーマス ようこそソドー島へ たのしいなかま初登場編 [DVD]

きかんしゃトーマス ようこそソドー島へ たのしいなかま初登場編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: SMD itaku (DVD)
  • 発売日: 2012/03/07
  • メディア: DVD
 
きかんしゃトーマス DVD全集II VOL.2

きかんしゃトーマス DVD全集II VOL.2

 
トーマスのポケットえほん(6冊セット)

トーマスのポケットえほん(6冊セット)

 
ねむれないクランキー (トーマスのテレビ絵本)

ねむれないクランキー (トーマスのテレビ絵本)

 
きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ クランキー Y4368

きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ クランキー Y4368

  • 発売日: 2013/01/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

こらそこ個人の趣味趣向に偏りすぎやろとか言わないの!

担当声優

英国版CV:マット・ウィルキンソン(第13シーズン~)

米国版CV:グレン・ウレッジ(第13シーズン~)

日本版CV:江川央生(第5シーズン~第8シーズン)、黒田崇矢(第9シーズン~)

次回予告

???「ぼくがここに来たのは、そんなにいい考えだとは思えないんですけど…」(CV:見た目からは想像もつかぬイケボ)(フォント変えれるならここだけ太めの明朝体にしてる)

 

記事に使われている画像の著作権はマテルクリエーションズとヒット・エンタティンメント・リミテッドに帰属します。© 2020 Gullane (Thomas) Limited. © 2020 HIT Entertainment Limited.