あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

祝え!ようこそ新世界へ!きかんしゃトーマスレビューソドー島編その1(Season 22 Review Part 2)

f:id:untikun:20190831180018p:plain

 

とまああらすじで思いっきり中国編やる勢いですが日本版がなかなか新作放映をしぶっているのとネタの賞味期限が近づいてきてますので今回はソドー島編やります。
※本記事のスクリーンショット著作権は全てマテル・クリエイションズに帰属します

 

f:id:untikun:20190831183606p:plain
#522
「カラフルなきかんしゃたち(An Engine of Many Colours)」

あらすじ:前のシーズンラストで機関庫もろとも大破したジェームス。整備工場には赤のペンキが無く、昔々大昔にハット卿から問題を起こしたら青に塗っちゃうぞと脅されていたことを思い出したジェームスは自分の色が変わる夢を見る。

思ったこととか

・邦題合っとんのかこれ。

・まさかの1期からの引用。おらおどれえたぞ。

・尺不足を"前の話の続きだよ"ということにして補い且つ前期で感じにくかったジェームスの反省もフォローされているようで旨いなあと。

・ファンタジー・シークエンスが全体を占めていますが、使い方としてはすごくいい使い方だと思います。夢ならよし。ただその分要点が伝わりにくかったような。伝えるのって難しい。

・夢を見てまた夢に戻る、夢を題材にした話とかでよくあるこの夢が繰り返される展開ですが、面白いのは毎度毎度ちゃんとジェームスが目を覚ましてるところ。いちいち目を覚ましては同じような夢に戻る辺り律義ですね。しかし前期の描写にて寝る間を割いて修理にいそしんでいた辺り、今回の整備工場がやたら静かなのが妙な話ではあります。一回目の覚醒では誰も居ませんし。二回目はちょっと作業員がいるんですけどね。なんだか意味深だ。時間帯的に普通減るだろ。青から銀までを一連の夢だとしてもこの作業員が増えるのは一体何なのやら。明け方が近いようにも見えないし。まあ単に初日パーツが届いていなかっただけなのかもしれませんが。

・ぶつかる相手にエドワードを据えるのがなんというか、わかってる感がありますよね。流石ファン畑出身。一度目が大切な者を壊したという過去の暗示に対し二度目はこれからの暗示というかなんというか。三度目は知らん。

・近年すごい度の過ぎたお調子者に成り下がってしまったようなジェームスだったけれど今回の反省は彼にとって大きな起点となってくれると嬉しいなあ。何?Apology Impossibleで早くも調子に乗ってる?知らんなあ。

 

f:id:untikun:20190831235133p:plain

#514「ずっといつまでも(Forever and Ever)」

あらすじ:

思ったこととか

・実質ソドー島編第1話。これをリニューアルの一番最初に持ってきたのは流石だと思う。そしてゴードンを視聴者へに重ねることによって制作体制変更への不安に対するフォローも兼ねてる辺りブレナーは天才だなあとしみじみ。

・冒頭の三羽の鳥の内、二羽が飛んでいき一羽が後ろを向くという神演出。

・ぶっ壊れゴードン。展開が突飛で急にどうしたとは思いますが頑固キャラが活きてます。放映時間が短くなった弊害がここに。そしてそうか最古参ポジになるのかおまはん。というかエドワードのフォローをゴードン視点で持ってきたのが大変至高。エモーションが爆発する。どんなに変わろうと今までのシリーズはなかったことにはならないという嬉しさ。ちょっと教訓とリンクしたね。ん?1期がはじめて物語に挿げ替えられてる?ちょっと何言ってるのか分かんないや

・今回のフォローどころかちゃんとメインエピソードも用意されているエドワード。あんたは愛されてるよ。現時点で次期の出演は無いんですが

・最初に最大のファンタジーを最悪のものとしてかましてくる巧みな演出。つまり演出の限度は理解してるってことさ。…限界値えらく高いな。因みに私はこれ見た瞬間頭痛と吐き気を催しました。これが恋…?!

・あとちゃっかりニアの掘り下げしてるの旨いなあ。新キャラクター達も少なからず別れを経験してきてるはずだものね。

・今思えば出会いを描くことは何度もあったけれど、「別れ」をしかもその後を描いたのは今回が初めてなんじゃないかなあと。よく別れの瞬間が重視されますが、一番感情が動揺しだすのは別れた後なのかもしれませんね。愛犬が殺された後のジョナサンみたいな。ものによるか。

・出会いがあるからこそ別れがあり、それは逆もしかり。次でゴードンに「出会い」を持ってくる構成は神がかっているとしか思えない。

 

f:id:untikun:20190831235158p:plain

#516「おくれてないけどこんらん(Confusion Without Delay)」

あらすじ:なんかいつの間にかどっかへ消えてしまったヘンリー。その空白を埋めるようにしてはっちょ卿がまた新しい機関車を買ってきた!なぜ増やす発想になる!しかしその新人は大いなるポテンシャルを秘めた後輩キャラだったのだ!ヘンリーにフォローを入れる隙さえ与えないこの抜かりなさ!それが一番の抜かりだっつーの!

思ったこととか

・いい意味でダークホース「レベッカ」登場。結果から見て珍しくいい買い物したなハットちゃん。ただしやたら衝突するので危険度はかなり高い。

・臨時以外で今までゴードンの手伝いおらんかったのでは…という疑問がありますが(ドナダグはCG期でその任にはついて無さそう)なんだか原作のピップとエマの登場を彷彿とさせるなあ。

・流れるようなキャラ紹介。ただしエミリーもっとなんか無んか。

・よく考えたら「走れ!」が短編に介入したの初めてですね。しかも結構がっつり。

・合体すな!!

・レギュラー以外にも絡みを見せてるのはいいよね。8期以降のスチームチーム中心主義とは違う感じがして好きだがエドワードもっと出せや。

・遅れを避けようとして混乱が起こるパターン、今までありそうでなかった新展開。あ、からかわれたピーター・サムという前例があるのか。

・フライング・スコッツマンも本編に進出。特にこれ以降出るわけではないんですが。

・今まで割と他者との絡みを避けていたようなゴードン。フィリップやパクストンなど新キャラと関係を築かないということはなかったのですが、あれは向こうから接触してきたわけで。だからゆえに今回の自ら進んで新参者に歩み寄ったゴードンは彼にも「変化」が訪れているということか…な?

 

f:id:untikun:20190831235531p:plain

#518「レベッカはとくべつ(What Rebecca Does)」

あらすじ:あれも欲しい!これも欲しい!もっと欲しい!もっともっと欲しい!

思ったこととか

・前期に引き続き機関車が直接人間に被害を加える描写があるのはなんだかなーと思います。案外人間以上の力を持つ機械であるという自覚も薄いのかな。マリオンてめーのことだよ。人間おまいらも喜ぶな。

・ちゃんと褒めた後の反応を描いてるのがいいですよね。

・どうやったらそんな事故り方すんの。

・さりげないピンチー。彼女のそこに眠る破壊衝動か…!?(

・ちゃっかりファンタジーシークエンスに加わるダック。最近見たものしか出せないのか。そんな先祖介入の脳内意識みたいな。

・一応それなりの努力はしてくれる整備工場。

・目に見えるもの以上の魅力を見出してくれるマリオンは好きだ。いいヤツ。無垢な殺人兵器になりそうで怖いが。

・ヒトの長所を純粋にほめれるレベッカの登場は、かつてのdisり合いがあいさつの様だったソドー島においてはなかなか革新的な存在だと思いました。パーシーも純粋というより正直と言った方が正確…?似てるっちゃ似てますので今後のパーシーの扱いがどうなるか気になりますね。トビーみたいな臆病ポジに重心よりそう。純心なほか過去に後で弱体化していく連中が多かった中、一見どんくさそうで高い潜在能力を秘めてるという点も含めて、彼女はどこか今までのアンチテーゼ的な存在に見えますね。ちょい強引か。

 

f:id:untikun:20190901182725p:plain

#___「全体的な感想(Overall Comment)」

こうやって文章で書くと格段によく見えてしまいますが、まあ確かにエドワード脱退からレベッカ導入までの一連のまとまり具合は流石ですし、案外いいスタートを切った印象があります。つくづく足引っ張るぞ世界編!毎回ある必要があるのか怪しいファンタジーシークエンス(特に世界編では無理に入れなくてもいいんじゃないかしら。その文化から得たイメージの描写もあっていいけど短い尺を割いてやる必要はないと思う)も初回であるゴードン回では頭痛が起きましたがそれ以外は割といい感じかなあと。レギュラー合体もレベッカの抱える焦燥感の説明にもなって口で言うよりはわかりやすー・・・くなってるのかなあ。レベッカ完全装備形態に関しては普通に好きなだけです。理想の自分を描くというのは前から演出としては存在しましたし。レベッカの秀逸なキャラクターはファンタジーシークエンス(この呼称長いな)の恩恵があってこそなのかもしれませんね。その中で異彩を放つほぼファンタジーシークエンスで1本描くというはなれわざに出ましたジェームス回。夢ネタは二度目は通用しなさそうですが、こんなわけからない制度の中ならではのエピソードだと思います。やるなマイケル。彼の脚本はもう1話あるゾ。やったばい!

因みにリニューアルだのスチームチーム入れ替えだの色々改革がなされましたがその中で不安だった8~16期のようなスチームチーム中心の内容になることがなくて安心しております。世界編でも言いましたがにぎやかなのが好きなんです。別にこれはトーマスの物語じゃないんだから。だからナレーション復帰させて。最後の蛇足説教も加わって変な主観入ってる気がするから。パンダ回がまさにそれだから。歴史は勝った側が正当化される物語とは言うけど、別にナレーションとトーマスが合戦したわけじゃないんだからさ。最近久しぶりにクレヨンしんちゃんの嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦と初めて信長の忍見ました。面白かったです。

 

次回予告

「あと何度軍曹と同じ花火を見られるかな」

「マーリン! 我ハココニ在リ Revolution」

「でく☆すた」

の3本以上でお送りできればと思いますがストックが無いのでだいぶ待ってもらうことになるよ。新作何日マテル?