あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてまし

けものフレンズ2 #6 感想と考察に見せかけた予想大会

あらすじ:ネクソン版をプレイしてからヤオヨロズ版を見た人もこんな気分だったのかなあ。

感想

・PPPのとりあえず無茶ぶりしとけって感じのノリ好き。

・割とサーバル食われたんだろうなあって何も言わないで察せるようになってるのすごい上手いと思います。

・さっと辛さにはまるカラカル。ちょろい

・地味にセルリアンが非生命体を真似するって初めて言及されたような。

・サンドスターロウが結局何かわからない。

・助手って呼び方はどうなんですかかばんさん。

・夢にまで出てくるイルカ。アシカはどうしたよ!?

・海賊ラッキーまじで何だったんだ。来週からOPも変わるのかなあ。ていうかもう折り返しなんですね。いまいち盛り上がりに欠ける。

考察?

・なんで既にラッキービーストやスタービーストがいるのに「ビースト」って名前のが出てくるんでしょうね。ビースト登場の方が先だったとみていいんでしょうか。しかしこれ英語版ではどういう訳になるん。

・しまわれてる大量のラッキーウォッチ(特に言い方思いつかなかった。グッズ欲しい)。かばんさんが研究所にたどり着くまでの旅路で同じく壊れた個体から回収したのか最初から研究所に置いてあったか。後者をベースに妄想を膨らますとジャパリパーク崩壊以後からかばんちゃん以前にもヒトのフレンズが何度も目覚めていて、その度にどの個体もラッキーと共に旅をし大きいセルリアンと戦って(その度にラッキーは壊れ)、最終的にこの研究所に集まるように無意識下の習性がサンドスターによって形成されているとかだったりして。研究所に残ったラッキーの残骸(どんどん言い方変わるよ)はそこで亡くなったヒトの遺産で。メイド・イン・ヘブン登場後のジョジョみたいに何巡も同じことを繰り返していてもおかしくはないと思うんだ。ネクソン版は「パークガイド」で統一してたり出る度微妙に設定かみ合ってないとこあるからミライさんも何巡かしてるんじゃないんでしょうか。ほら何回だって何回だって旅に出ようよというわけです。

しまわれたのはすぐ余計なこと言うからでしょうか。あまり聞かせたくないヒトの罪を詳細にキュルルに言っちゃうとか。かばんさんが伏せないようにしていた前作のサーバルちゃんに関する事言っちゃうとか。それか引き出しの中ではほかのジャンクとプライベートな会話でもしているのか。それだとかわいいね。カバン、ココカラハボクタチノダベル時間ダカラソットシテオイテネ。シフトノ時間ニナッタラノックシテモシモシシテネ。的な。シフト制なら複数あるのも納得。我ながらかわいい考察ー。

サーバルちゃん食われてた。何度も蘇えっては何らかの事件に巻き込まれて猿田一族みたいなヒロインですね。ネクソン版で特別になったことが関与してるのかしら。お前はヒトが目覚める度そいつを導く存在なのだ的な。はいはーい、主役が通りまーす!ついでに今回の記憶がさっぱりなくなったサーバルを見てるとジョジョ6部のフー・ファイターズ徐倫の最後のやりとりを彷彿とさせます。

F.F「さよなら……徐倫 もうここにはいられない……フー・ファイターズは消える」

徐倫「なに言ってるのよッ!バ……バカな事を!!」

F.F「あたしを見て徐倫 これがあたしの『魂』……これが あたしの『知性』……あたしは生きていた」

徐倫「あの神父からあんたのDISCを必ず取り戻すッ!『フー・ファイターズ』のDISCをよッ!そうすれば甦れるッ!!」

F.F「それはきっと別のフー・ファイターズ あたしじゃあないと思う これがあたしなの さよならを言うあたしなのよ」

F.Fはプッチ神父スタンド能力(記憶をDISCにして他者に与える事が出来る)で「知性」を与えられて誕生した超プランクトン(基は普通のプランクトン)の集合体です。そしてその経験・思い出が蓄えられた「知性」はそのF.Fだけのもの。次にF.Fが生み出されたとしてもその知性は恐らく引き継がれない。今のF.Fであるうちに彼女は仲間たちに「さよなら」を言えてよかったというわけですが、果たしてサーバルはかばんちゃんに「さよなら」を言えたんでしょうか。こういったF.Fの出自はフレンズに近いものを感じます。つまりサンド・スターはホワイト・スネイクだった…!?あとかばんちゃんにエンポリオ味を覚える。その前世を知るラッキーはどうサーバルに接するのか。つうかほかのラッキー同様けものにも喋ってくれるのか。

 

 

折り返し地点になっても未だキュルに好感を持てる要素が少ない自分がいます。相も変わらずセリフ等の細部への煮詰めが足りない印象。本当に急なスケジュールで創らされてそうで怖い。焦ってもいいものはできないというのが今回の教訓ですね。今回文章が拙い。