あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

けものフレンズ2 #3 感想と考察の名を騙った妄想

3話あらすじ:バクシーシ!!バクシーシ!!

感想
・ヒゲじい…。
・波の作画がほんとに綺麗。
・引き続きラッキーさんのガイド無いのがほんと辛い。フレンズが自分で生態説明をしたところでそれが種族のものかその個人のものかわからないので、第三者からの情報が欲しい。
・正直先週みたいに中途半端に嫌な面見せるよりかは今回くらい卑しさ全開の方が好きです。フレンズ自体が旅の障害になってるので好感は比較的持ちにくくなってるような気がします。
・「海のご機嫌」は最終回までには拾ってくれる伏線なんだろうなあ。「また海に来て」という言葉が妙に引っかかるんだぼくちゃん。途中引き返すのかな。
・待っていうてんねんから待ったれや。
・このアニメ????多すぎんよ。
・ビバ!!!
・や ら か し た な ト マ ソ ン。

考察
海獣園?バンドウイルカカルフォルニアアシカは水族館でポピュラーなけものだそうで、下記のことを考えれば納得のキャスティング。キャスティングって言っていいのかこれ?
・今までとは打って変わって明らか野生ではなく飼育された跡のあるフレンズたち。報酬を求めたり(憎いことに後払い)、お客が視界から消えるまでサービスをやめられなかったりと、なんだかキュルルよりヒト臭い気がします。まあモノマネの範囲なので可愛いもんですがね。毎回それが旅の弊害になってるのはちょっとどうかと思うけど。
・もしやラッキーがこのジャパリで全く解説してくれないのはそういう人間の飼育下におかれた動物ばかりの施設だからなのかもしれませんね。あくまで野生動物のガイドだけとか。
・先週から引き続き頑なな「おうち」説明と2週ぶりの「ぼくはけものじゃなくてヒトだよ」発言。即ち明らか獣なフレンズたちと距離を置いてると言う事か。特にモフモフに何ら関心も抱かない点も踏まえればカコさんミライさんらとは違って特別動物が好きなわけじゃないんでしょうか。つまりキャッチコピーの「あなたはけものがお好きですか?(CV:おおつかほうちゅうおにいさん)にそぐわない人間ってこったあ。それともかばんちゃんと違って最初から自身がヒトであると理解してるからこういう発言が出るのか?あと今更なんだけどキュルルはカプセルから出てきた自分の出自に興味は湧かないんだろうか。めっさ気になれよ。
・キュルルの割と口よりまず手を動かし始めるところを見るとやっぱりかばんちゃんとの棲み分けが意識されてるのかなあ。前回の点も踏まえて対かばんちゃんな面がややあるような気がします。
・ダブルスフィアの依頼主はフレンズだったけど(コスプレの可能性も捨てきれない)、ネクソン版みたいに何やら大きな目的がある感じ。ここにもヒトの影響が残っているということか。ていうか今回のジャパリパークもヒトはほぼ消えてるってことでいいのかな。
・次回予告のキョウシュウエリアの面々が本編と同時期かどうかは定かじゃないんだけど、多分この調子だと同時期に仕立て上げられるのかなあ。それだと前作の面々がまだ生存してる中、短期間で何か悲劇があったような(少なくとも現時点ではほぼ忘れてるわけだし)さばんなこんびのことを考えると辛い…。もう何考えても辛い…つらたにえん…



だんだんとキュルルの闇が妄想から確信的なものに変わってきて嬉しくなってきました。嬉しがるなそんなもん。ヒトの干渉による影響とかが本作のテーマだったら、フレンズ自体が旅の障害になってる構造も納得いくんだけどなあ。一応前作版とは違うものを描きたそうということが分かっただけ安心です。イルカやアシカも中途半端に優しいどころがこすさ全開でよかったと思います。解説が無い分これくらいわかりやすいキャラの方がいいのかしらね。解説削ったのはほんとどうかと思うけど。

あ、最後に一言だけ言わせてください。トマソンパンツチェック甘いぞーー!!