あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてまし

けものフレンズ2 #2 感想と考察名義の妄想

2話あらすじ:ブランコ楽しいなーうひひーあーはー

感想

・ラッキーさんガイドしてくれないんですか。これはちょっと寂しい。

・ブランコにそんな時間割く必要はあったのか。これに割くぐらいならもうちょっと解決パートに尺を割いた方がよかったように思えます。

・レッサーに少し感情移入しづらいのもうちょっと内面を深く掘り下げてほしかったような。

ジャイアントがキレだしたときのパンチとアッパーの重量感が好きです。

・フレンズに絵を配るキュルルが「もらってきた」かばんちゃんと対になってて面白いと思います。ただかばんちゃんの反芻になってないのがいいなあ。まだちょっとキャラ弱いけど。

・なんとなく影が薄いサーバルちゃん。

・ダブルスフィア(補足:追跡組の旧名称だよー)、このままだと海越せなくない?

・PPPついに皆勤途切れましたね。皆勤継続はサーバルちゃんだけとなりました。

考察

・今期は解説もガイドも運転以外の何にもしてくれないラッキービースト。このジャパリパークではガイドが基本要らない「スタッフオンリー」の場所だったりするんでしょうか。先週からヒト以外にも反応を見せてるのも気になるところ。もしかするとボスとは違う種類のロボットなんでしょうか。今回は運転特化型とか。じゃあもうちょっとそれらしい格好するだろ。親分のいでたちやぞ。眼帯外すとどうなるんだろね。そもそもキュルルがヒトであるかどうか怪しいところですが(こんな散々ヒトって言ってる辺りミスリードに思えて仕方がない)。一応キュルルが出ていった直後に電源落とすあたり、彼(彼女?)に反応は示してるんでしょうか。誰も居なくなったのを確認しただけならあんな演出せんやろと信じたうえで。

・キュルルがあえて「おうち」の説明に前回サーバルちゃんが使った「巣」を使おうとしないのが気になるところ。あくまで「ヒトはけものと違う」と通し続けるか貴様。

・部品からそれが何に帰属するか判断でき、さらっと滑り台完成に持っていくあたりキュルルは大工仕事に優れたフレンズということなんでしょうか。かばんちゃんが指揮官向きな性格だったのに対してこっちは実務作業に適してるということか!まあ直す前の描写が少なすぎてなんともいえないんですが。(そういえばトキが多いことで評判のけものフレンズコミック アラカルトでトキに交じってT●KIOも登場するんですが、TVとかで最近の過去映像の扱い方を見てると、人数的に貴重資料になるのかなあって思ってしまいます。いやほんとに何の話だよ)

・最後何を何故思い出したのかさっぱり分かりませんでしたが、ターザン的な遊具が回想に出たあたり、滑車は記憶を思い出すきっかけだったんでしょうか。でもそれだと遊具再建に繋がらないような。なら回想のターザンもキュルル制作という事か?そもそもあの回想場面がどこだっていう話。故郷の場所か、以前にも同じ場所に行ってたというのか。今回「そもそも」の使用率高いですね。

・早くも海へ。島(大陸?)が変わるんでしょうか普通に海岸がへこんでるだけなんでしょうか。後者だと別ルートでダブルスフィア追跡可能になりますね。前者だと…あっ!船に乗った謎のフレンズ二人組が!

???「ふはははは!困ってるみたいだな!海まで送ってやるのだ!アライさんにどーんと、おまかせなのだ!!」

いったい何者なのかっ!?

 

今回はキュルルがなんか思い出せたみたいですが、それが何か不明瞭だったためか寄り道ぐらいの印象しか残らず、単体のエピソードとして見ても時間配分どうにかならないのかなあというのが正直な感想です。何を思い出したかも曖昧な点が後に伏線として消化されることを期待します。お前は「思い出した」と思い込んでるが、実は偽りの記憶を創造していただけにすぎないのだ、その不安定な記憶がその証拠さ的な。何期待しとんじゃ。