あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてまし

けものフレンズ2 #1感想と考察という名の妄想

f:id:untikun:20190114151630j:plain
放送前に描いた奴。実際に始まったら別に一人称「俺」じゃなかった

なんとなく思ったことをつらつら毎週書いていけたらなあと思ってます。

1話あらすじ:人間の子どもとモノレールに乗ることになったぞ!やったねばんざい!

感想

・内容に関して言うのはまだ早いとして、映像面に関してはどうせならirodori版に合わすのではなく大きく差をつけてほしかったのが正直な感想。こんなフレーム数を下げる必要はあったんでしょうか。
・動物それぞれの視点での描写が引き続きあるのは嬉しい点ですが、そこに色んなポイントを詰め込もうとして冗長なイベントになってしまったのが残念。
・笑いながらパンチをかましてくるサーバルちゃんに戦闘狂の影を感じる。ぜ、ぜんぜんつよーい…
・戦闘シーンに迫力が増したのが素直にいいと思います。
アルマジロとオオセンザンコウがくるって丸まる動きが好きです。この二人はなんとなくお気に入りですが、アラフェネと声が一緒なのはなんででしょうね。最後アルセンの覆面を破って現れたアラフェネが「私だよ!!」って言うところでようやくセカンドシーズンが始まるんでしょうか。サードシーズン長かったですね(
・ラッキーお前なんでコスプレしとんねん。
・割と戸惑った印象が強いですが前作の1話目でも同じような心境だったのでこの戸惑いこそがジャパリパークへ帰ってきた証なのかもしれませんね。とりあえず早う2話が見たいなあというのが現時点の評価。
・EDすき。デモ音声だったらしいけどそれでもすき。
・CMのアラフェネ登場に「あ、前作からの使者!」って感想が真っ先に出てしまう。今期も出るでや。
・何 故 か ば ん ち ゃ ん を 出 し た 。

考察
・放映前今回のオオセンザンコウが何やかんや伝説になって探偵ギロギロの原型にでもなってくれたら嬉しいなあとか思ってたんですが、始まってみれば思いっきり時系列が前作より後だったのであららと思った次第です。ネクソン版の子に近しいんだけどちょっとアホの子の影を感じる。声がアライさんと分かったからか…!?
・そもそも今回これどこエリアだ。サブエリアの名称の元ネタ範囲が世界に広げられてますが、エリアごとに分類方が違うのかもしれません。というか前回舞台のキョウシュウエリアだけで一つのパークを構成できてること自体不思議な話なんですが。
・中途半端に記憶を残したサーバルちゃん。恐らくこれが「2」の最大のキーになりそうですが、システム的には前作でミライさんと野中バルちゃんを目撃して泣いたのと同じように「前世の記憶の残像」って感じがします。やけにハッキリしすぎてますが。
・キュルルが出てきたとされる謎の研究施設のカプセル。ぱびりおん未対応の端末なのでそことの関係性は全く推測できませんが、どっかで見たようなデザインからしあの子はサイヤ人なんでしょうか。んなわけあるかい。サンドスター漬けで入ってたことになりますが誰かが無理やりフレンズとして復活させた感じがします。
・キュルルもサーバルちゃんと同じく中途半端にヒトとしての記憶がありますが、全く記憶の無かったかばんちゃんとのこの差はなんなんでしょうね。たまに図書館で自分のこと尋ねるようなコが多いということだそうなのでサンドスター側のエラーなんでしょうか。それかかばんちゃんは髪の毛生まれだったのに対してあのカプセルにはヒトの遺体でも突っ込んでたか。急に怖い話になるなよ。
・文明がだいぶ残ってはいるもヒトの気配が全くしない相変わらずのディストピア感。平和なジャパリパーク誰も書きたないんか(
・前作と比べて「食べる」「食べない」が逆転してる辺り今後ジビエ的要素でもあるのかしら。
・キュルルのお腹の音が明らか不自然かつ「僕はけものじゃないよ」という科白からこの子はもしかするとアンドロイドとかだったりして。お前さっきフレンズ言うとったやろがい。そうだとするとフレンズとは「ヒトを模したもの」同士の関係なので面白い話が書けそうですね。家の記憶はダミープログラムということで。そんなん言うたらなんでもアリになるでおま。
・????もジミーのブレスレットみたいなのつけてる辺りキュルルと同じ研究所出身なんでしょうか。逃げ出した実験動物的な。もしやこれはジャパリパークの闇を追う物語なのか…!?もしあれがフレンズ実験施設だとするとサンドスター漬けカプセルの意味も理解できますね。キュルル誕生経緯はかばんちゃんというイレギュラー研究のためか。今回は廃墟が目立ちましたが行先一覧に確認できた「ケンキュウセンター」とかには普通にジャパリスタッフがいるのかもしれませんね。
・前作最終回でかばんちゃんは「純粋なヒト」になってしまったので年をとる気配がないフレンズのサーバルちゃんとは老化とか寿命とかその辺の生物的メカニズムが大きく変わってしまった可能性があります。つまり二人の別れというのは生きる上で仕方ないものだったのかもしれません。なんてこと考えさすんじゃ。こんな人を殺すような考えに至らすくらいなら中途半端に出さんでくれ…。せめて7話くらいで出したらちょっと評価は変わってたかも。



相変わらず視聴者に考察の余地を与えてくれるのは続きを見る意欲にもつながるので嬉しいものです。ただいろんな箇所に粗が目立ってしまうのが少し残念。多分制作期間前期よりも短かったんだろうなあ。お疲れ様です。ところでキュルルの髪型にパッツンの房が多すぎてちょいちょいドレッドヘアーに見えます、助けてください。