あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

キャラ紹介51名前の無い機関車たち

今日の紹介は絵本にちょろっと顔を出し、TVシリーズでは完全になかったことにされた主役になれなかった仲間たちです。

 

f:id:untikun:20170318233142p:plain

98462号と87546号(98462 and 87546)

説明

1巻担当画家ウィリアム・ミドルトンが生んだ2台のテンダー機関車。1巻1話の冒頭部分のみの登場。超初期のキャラクターにしては番号がでけえよ!番号のみということと1巻以降登場しない理由として「生意気な性格で行儀が悪い為に送り返された」というのがあるのでレンタル車両だったのかもしれない。というか送り返された理由が後のディーゼルに繋がるものがありますね。ディーゼル機関車だからじゃないんだよ。ディーゼル機関車しか買わないからなんだよ。ということで。モデルになったと思われる車両は9から始まる方はクラスB12、8から始まる方がクラスB17蒸気機関車となる。ついでに9始まりの方が8始まりより2ページ多く顔を出している。あ、そう…。

 

f:id:untikun:20170318232914p:plain

赤い機関車たち(The Red Engines)

説明

1台目は前述と同じくウィリアム・ミドルトンが生んだテンダー機関車。先2台と同じく1巻1話の冒頭部分に出てくるが、3巻以降担当画家のレジナルド・ダルビーの版では98462号と位置が入れ替わっており、そのおかげか登場ページ数が挿絵変更前と後で異なる。以上、どうでもよすぎる話でした。そのあと同巻3話目にも登場。ウィリアム版では1話目と同じ車両なのだが、ダルビー版は明らかに1話目とは違う形をしている。てかどう見ても車輪の赤いジェームスである。ダルビーは先にジェームスの出る3巻描いたもんね!しょうがないね!しかしこの時期のジェームスは黒色の機関車なので3話目のを2台目としよう。果たして1台のモブにこんなに考察がいるのだろうか。ついでに2台目は6巻にもひっそり登場。多分こっちはジェームスの車輪の色間違えただけなんだけどね。

f:id:untikun:20170319002026p:plain

 

f:id:untikun:20170318230942p:plain

青い機関車たち(The Blue Engines)

説明

3巻以降担当画家ダルビーが生み出した蒸気機関車たち。1台目は3巻3話目、ジェームスの謹慎処分が終わった挿絵の奥の方になんかいる。以上1台目終わり。2台目はその次の挿絵に登場。困ったことに、なんとこいつ喋る。通称「靴紐くん」(と勝手に命名)。TV版ではトーマスに置き換えられたが。3台目は5巻1話目のジェームスがサーカス列車を引く場面。奥の方にゴードンが2台いる。いやなんで。知らんよ。1台だけ知らない奴か、それとも2台ともそうか、はたまた2台ともゴードンか。真実は永遠に闇の中である。さて4もしくは5台目は5巻3話目しょぼくれたエドワードの隣にいるまたしてもゴードンもどきです。またかよ。しかしこいつ、なんか小さい。つーかこのページだけエドワードがでかい。それはさておき6台目は6巻にご登場。3話目の最初で改造されたヘンリーを機関庫のみんながじろじろ見てるシーン、で窓の向こうにいる奴もしかしさっきのWゴードンと同じ奴かもね。7台目は7巻3話目で事故したジェームスを助けにパーシーとトビーと一緒に出てきたタンク機関車なんだかテンダー機関車なんだかよくわからない奴。もうエドワードかトーマスという解釈でいいんじゃないのか。以上ダルビーの生みだした青いモブたちでした。

※画像左から1台目、2台目…となっております

f:id:untikun:20170318224946p:plain

▲小さいゴードンもどき。バートではない。

 

f:id:untikun:20170318231355p:plain

名前どころか色すらわからない機関車(No Picture Just a Little Engine)

説明

エドワードだと思って育ってきたが根拠がないことに気づく。しかも色もわからない。紹介に困るやつ。

 

f:id:untikun:20170318232158p:plain

作業場の機関車たち(The Workshop Engines)

説明

新しくタンク機関車を購入しに作業場へやってきたハット卿がそこで出会った機関車たち。大きいもの、小さいもの、嬉しそうな顔をしているもの、悲しそうな顔をしている野茂、中には自分を選んでくれないかなあという顔をしているものもいました。TV版ではおなじみのメンバーがベールまとってるだけ。

 

f:id:untikun:20170319002538p:plain

深緑色の蒸気機関車(The Dark Green Engine)

説明

いや、誰だこれ。ああポップアップ絵本に登場した時の「靴紐くん」だそうです。青版と区別して「靴紐くん(ポップアップのすがた)」と呼ぶことにします。こいつも喋るんですが日本語版未所持なのでセリフは載せれませんでした。え、ポップアップ絵本、邦版出てたの?出てたよー。2001年10月時点で品切れ状態ですが。

 

関連商品

3だいの機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

3だいの機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

 
赤い機関車ジェームス (ミニ新装版 汽車のえほん)

赤い機関車ジェームス (ミニ新装版 汽車のえほん)

 
みどりの機関車ヘンリー (ミニ新装版 汽車のえほん)

みどりの機関車ヘンリー (ミニ新装版 汽車のえほん)

 
やっかいな機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

やっかいな機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

 
機関車トビーのかつやく (ミニ新装版 汽車のえほん)

機関車トビーのかつやく (ミニ新装版 汽車のえほん)

 
きかんしゃジェームズといたずらもののかしゃ (きかんしゃトーマスのポップアップえほん)

きかんしゃジェームズといたずらもののかしゃ (きかんしゃトーマスのポップアップえほん)

 

筆者コメント

意外と多いわ!あと最初の方に消化しとけ!

次回予告

鉄道はんたーい!鉄道バスと偽りクリケット場に変えろー!

 

ここに掲載した画像の著作権はマテル社に帰属します。