読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしあとモンチッチーズ

トーマスやらジョジョやらムーミンやら…それら以外にもその他諸々。大体がトーマス

やあ!20番台だ!ときめきメモリアルなきかんしゃトーマスレビューその3(Season 20 Review Part 3)

レビュー
  • 前回までのあらすじ!

突然、ヘンリーが光りだし郵便車と客車を同時に牽いて画面分割を引き起こしDVDは絶賛発売中で橋の下からポンコツのばねがきしむ音がし始めた!そう、ドナルドとダグラスは双子だったのだ!

前回

onara.hatenablog.com

次回

onara.hatenablog.com

 

 

「はじめまして!ツェッペリン型機関車の『ヒューゴ』と言います!」 

f:id:untikun:20170310191858p:plain

#479 みらいのきかんしゃ(Engine of the Future)

あらすじ:あれはなんだ!トリ科!飛行機か!たこ焼きか!いや、あれは、

機関車だ!!

思ったこととか

・ダンカン代役。この様子ならきっと映画も代役祭りなんだろうか。ダックとドナダグは結構持ちパート長いから代役じゃないことを祈るでごんす。

・新キャラをぐるりと映すカメラワーク。かっこいい。

・伯爵のドイツの友人「フランツ(Franz)」と彼が乗るプロペラ機関車(シーネン・ツェッペリンディーゼル機関車)「ヒューゴ(Hugo)」初登場。スキフみたいに何もない所から顔が出てるのでちょっと怖い。そんでそれのおかげで風の抵抗受けそうだけど意外と高い鼻でそれをカバーしてるんだと勝手に思ってる。

・フランツも伯爵なんだろうか。ついでにロバートとフランツ服が一緒です。

・フィリップ再び。良いポジションつきやがって。

・ジェームスくん、お客さん目的外のとこ連れてっちゃまずいでしょ。

・珍しく他人に肯定的なジェームス。

・「あのヒューゴって子は」 子なのか!

・ゴードン「誰もおれ様の代わりにはなれんぞ!」 なんか42巻を思い出しました。

・熱い掌返し。

・みんなの歓迎に対してとても嬉しがるヒューゴを見るとよっぽど本場じゃ受け入れられなかったのかと思い切ない。

 

「ヒューゴがヒューゴにそっくりなの!」

f:id:untikun:20170310192707p:plain

#480 ヒューゴとひこうせん(Hugo and the Airship)

あらすじ:うわ!空にヒューゴいるじゃん!飛べるんかあいつ!SNS拡散したれ!飛ぶわけねーだろ!いやコラにしては出来が良すぎる。もしかしたらヒューゴは機関車のフリをしてる可能性が無きにしも非ず…。そもそもSNSが無いので口コミで広がっていくのであったとさ。

思ったこととか

・飛行船には顔つかないんですね!

・元々ヒューゴのモデルはたった1台の実験機で、9年して壊されてしまう。トーマスの今の時系列がどこに値するかは不明だが、個人の車両としてこの島に来て、今回のように仕事が全くない所を見て実機が壊された(ヒューゴの場合追放?)時期よりは後か。ついでに実験車両という設定は2017年(日本じゃ2018年)公開の映画への伏線かなあ。

・ヘンリーさりげない本土出張。

・飛行船は飛行船でも竜骨を持つやつをツェッペリンというそうです。決して座ったままの姿勢で浮遊する男爵のことじゃあないのよ。

ジョー船長(Captain Joe)」地味な初登場。ジュディジェロもこういう何気ない感じでよかったと思うの(まだ言うかこいつ)。

・久しぶりに格好のいいこと言うハット卿。最近コメディアンになりつつあったからね。

 

「私たちが再び文明に出会えるのはいつのことになるんだろうな…」

f:id:untikun:20170310193154p:plain

#481 スキフとにんぎょ(Skiff and the Mermaid)

あらすじ:人魚を信ずるスキフ。まあ人面車両がいっぱいいますし人魚がいても何ら不思議ではない。そしてハット卿は遭難した。

思ったことか

・途中人魚要素が薄れていくほどのギャグ回。馬鹿馬鹿しさではCGシリーズで一番かもしれない。

・トード普通に前向きで走る。というかオリバーがバック走行しかしてくれない。もう「トード牽いてる機関車」にしかなってなくないか。やばいぞオリバー。

・スキフは別に台車に固定されていないのか。それだと海に沈むとき台車も流されていきそうな感じがする。今言うことじゃないなこれは。

・ハット卿の孫久々に登場。スティーブン(人間)だいぶ無邪気になったね。というかブリジットの方が背高く見えるから弟っぽく見える。兄と妹です。

・子供にやさしい男、ジョー船長。

・スキフ意外と顔でけえな!

・先週格好よさげなこと言ってたけどコメディアンに戻るハット卿。てかボーイスカウトだったのか

・「君たちのおじいさんは、ピンチに強い人だからな」( (・д・` )( ´・д・) )フルフル

・格好いい生還。

・申し訳程度のトーマス。

 

「そもそも、真面目に働く気がないんだろう!」「働かせる気だってないでしょう」

f:id:untikun:20170311121509p:plain

#482 ふくれっつらのジェームス(Pouty James)

あらすじ:TVも20期を迎えたし、そろそろジェームス成長させるか。ということでジェームスが愛想を学ぶぞ!

思ったこととか

・うふははは。

・珍しく局長相手に反論するジェームス。それに対して「近頃の機関車は…!」。ハット卿いくつやねん。

・「ジェームスも一応彼なりにやってるつもりなんだよ」って感じの描写があるのすごく良いなあと思ってます。ただのあんぽんたんで終わらない!

・緑の貨車久々に見た。

・ジェームスに固定したカメラワーク好き。

・ポーターさん、その位置だとただ面白い声上げただけになりますが。

 

「僕は確かに小さなレールボートだけど、嵐が来る前に役に立つことをしました!」

f:id:untikun:20170311122440p:plain

#483 スキフとあらしのよる(Blown Away)

あらすじ:ジョー船長とスキフは嵐が来る前にパトロールをしていた。帰る途中でジョー船長が海賊船を嵐から守るために一旦スキフから離れることに。しかし予想以上に嵐は早くやってきた!吹っ飛ばされないでスキフ!次回、スキフ吹っ飛ぶ!

思ったこととか

ジョー船長、原語版ではここが初登場。

・スリップコーチ全然スリップしませんね。さすがに嵐じゃまずい?

・スキフ自分の意思で動かせる箇所が無いんですね。さすがに小舟に顔付けるのは無茶があったか。

・ダックとオリバーがティドマス機関庫に戻るのは客車返し(オリバーの場合トード回収も)に行っただけなのか。そこで休ましてもらえないのか。可愛そう。

・最後の優しい感じのBGM好き。

・ハーヴィー代役…じゃあこの声誰だ。河本さん?語尾の感じがすごい桜井さんぽい。

 

「アタシは現代的で、最新式なんだから、そんなソーセージ絶対に持たないワよ!」

f:id:untikun:20170311122122p:plain

#484 デイジーととくべつなおきゃくさん(The Way She Does It)

あらすじ:わたしの局長がくれた特別な仕事。それは劇団の引率でわたしは気動車でした。その劇団はきっと超一流でこんな特別な仕事をもらえるわたしはきっと特別な存在なのだと感じました。今ではわたしがおじいさん。息子に聞かせるのはもちろん汽車のえほん。何故なら彼もまた特別な存在だからです。

思ったこととか

・今期ラストのデイジー回。ついでに日本語版のデイジーの演技が今までとちょっと違う。これが完成形か。

ミスティアイランドまだ在った。

・まさかの自動ドア。

・おじさん、アイスを落とす。

・風船のおじさん、一個手放しちゃう。

・バネは?

・人形のジュディと今回出てないクレーンのジュディ、実は同じ声。だからクレジットもジュディ。

 

f:id:untikun:20170311163221p:plain

#--- 全体的な感想(Overall Comment)

もう次回の分溜まっちゃいましたが笑ってごまかそう。うふははは。新キャラのヒューゴは実車事情を上手いこと取り入れてて良いキャラだと思います。というか実験機だからそうせざるを得ないのか。今年秋公開の映画の実験機たちもそんな感じなのかなあ。今回はもう書くこともないのでここまでとして

次回!

恐怖!コナーがスローでやってくる

エドワード参る!

根本さん4役!

こうご期待(すべて放送済み)!