あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

キャラ紹介48メイビス

「どんなに恵まれてるのか分かってるの? 私なんて、この石切り場からずうっと出られないのよ」

f:id:untikun:20170126191016p:plain

メイビス(Mavis)

※TV版3,4,6~8期はメービス。ポプラ社の書籍では最初からメイビス、ジェームスとトビーのようにTV版に統一することはなかった。TV版では製作体制変更後の9期以降でようやくポプラ社側に統一することになった。

なにこの圧倒的まだらめ。

色:黒 車種:燃料式ディーゼル機関車 車輪配数:0-6-0 番号:FQC1

説明

トーマスが警察官に怒られたあの路面線路の先にある石切り場で働く機関車。路面線路の通行が必須なためにトビーと同じく牛よけとわき板を装備している。あと煙突もあるぞ!明るく親切な性格。初期はかなりおてんば者で決まりを守らず好き勝手していたが、なんやかんやで改心。今じゃすっかりしっかり者に。「っかり」ばっかりになっちゃった。いやあうっかり。モデルとなった車両はBRクラス04 0-6-0ディーゼル機関車

経歴

1962年製造、その後すぐソドー島の「ファーカー採石場」に配属。採石場が所有する機関車であってハット卿の監督下ではないため採石場からは基本出れない。結構出て来てんじゃねーか、と言われそうだが結構出て来てるんです。一応ハット卿は自分の鉄道でのメイビスの走行を許可してるんです。前述のとおり配属当初はかなりやんちゃしていいたが自分が採石場の外へ行こうとしたせいでトビーが危機一髪な目にあい、以後改心。責任もって採石場を仕切るようになる。それとここでハットちゃんからトビーの支線(路面区域ノコトダヨー)の走行許可を得る。あぁここでかあ!そのあとTV版では更にブレンダム港までの回送も許可される。その間の留守番は鉄工所から借りてきます。いや、なんで。

f:id:untikun:20170126224431p:plainf:id:untikun:20170126224317p:plain

▲ファーカー採石場。たまにクレイ・ピッツとごっちゃになったりしているが気にしてはならない。たまに名前がスレート採石場になっているときがあるがそれも気にしてはならない。

f:id:untikun:20170126223723p:plainf:id:untikun:20170126223912p:plain

▲トビーの支線と呼ばれてたりする路面区域(画像は怒鳴る警官がいたところ)。結局トビーが元いた路面区域はソドー島にあったという解釈でいいのですか。と数年ぶりに書いてみる。原作41巻では町の中も通るようになります。時代だなぁ。

エピソード

・やんちゃだったころのメイビスに呆れたトビーは「好きなようにしてみろ」という。実際に好きにしたメイビスは貨車たちのおかげで踏切のど真ん中で立ち往生をくらう。(原作26巻3話)

・メイビスは採石場から出れないことをぼやく。二人で貨車を受け取りに来たディーゼルとトーマスはそれを聞いて彼女にも列車を引かせるという名目で外へ連れて行こうとする。で、彼女の留守番仕事をトーマスが代わって、ディーゼルとメイビスは外へ。外に満足したメイビスは帰るようディーゼルを促すがディーゼルはもっと遊ぼうぜという。悪質なナンパに引っかかってしまった!(TV版18期7話)

声優

永澤菜教(第3シーズン)→堀川りょう(第5シーズン ※誤字ではない)→塩山由佳(第6シーズン-第8シーズン)

伊東久美子(長編第2作-第13シーズン)→吉岡さくら(第14シーズン-)

筆者コメント

キャラ単体の紹介はこれでひと段落です。次からは紹介時期を逃していたキャラクターだ!

関連商品

わんぱく機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

わんぱく機関車 (ミニ新装版 汽車のえほん)

 

次回予告

ご要望ならスパムの上にエッグでも乗っけてその上にスパム乗せてその上に、鉛筆削りなんか乗っけたのもできなくはなくってよ。