あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

さあ!20番台だ!ときめきメモリアルなきかんしゃトーマスレビューその1(Season 20 Review Part 1)

前回までのあらすじ!

すみません、初っ端から何も思いつきません。

 

前回

onara.hatenablog.com

 

次回

onara.hatenablog.com

 

 

「ア、ア、アー♪ イ、イ、イー♪ 大事な仕事♪ 港ーへ行くよー♪ 車輪を運ぶー♪」

f:id:untikun:20161120222459p:plain

#467 うたうシドニー(Sidney Sings)

あらすじ:シドニーは仕事のことも思い出も何でも忘れてしまう癖がある。しかし絶対に忘れないことがある。それは(もう経緯は忘れてしまったが)パーシーとは大親友であること——。あ、今回は別にそういうしんみりした感じの話じゃないんで。

思ったこととか

シドニー登場5年目にしてようやく設定活きる。ようやくすぎるし中々やばかった。

・過去のシーンがそのまま回想として登場。でも英語版日本語版共に声優変更があるため両方再収録。

・恐らくノーマンとシドニーは日本語版で固定声優はいないご様子。キャラが多い吹き替えアニメとかじゃよくありそうなイメージ。とにかく今回の日本語版シドニーは好きです。片言なしゃべりと語尾の感じが素敵。声上げるとトビーがやってくるけど。

・トーマスがシドニーに歌った歌は「茶色の小瓶」。

・アニクラの音痴設定はどこへ。

・混乱を招くどころが他所の問題も知らず知らずに解決してしまうシドニー。こういう話は大歓迎。

・この話を見た後に2年もシドニーの車輪が届かなかったことを考えると、何か陰謀めいたものを感じてしまう。怖い。

 

「同じものを好きじゃなくても、友達になれる」

f:id:untikun:20161120223310p:plain

#468 トビーとフィリップ(Toby's New Friend)

あらすじ:入って間もないフィリップはトビーを初めて見かける。自分と同じタイプの車両と勘違いしたフィリップは自分とは絶対意気投合すると思い…。

思ったこととか

・トビー最近作業員運びしかしてませんね。たまにはお客乗せたり貨車引いたりしてほしいなあ。と思ったら次の次の次の次の次の回でするそうです。3週先ですね。

・一応余計な親切ではあるもののトビーを気遣ったり分別はあるフィリップ。ある程度の経験は積んできたのかもしれない。

・血の気が多い作業員。ノリがいいのはいいことだ。

・もうトビーは気が弱い性格で統一でマイペースな性格は戻ってこないのかなあ。書籍じゃあマイペースって説明しまくってるのに。本当にマイペースだったフジ版のころはそんな説明殆ど聞かなかったぞ!

・締め方は懐かしの「そして彼らは友達になった」パターン。1シーズンを思い出します。

・ゼロから始まり回を追うごとに成長していくキャラというのは本来主人公とかの特等席なんだけれど、トーマスは長く出すぎて成長させるためには幼児退行させるという愚行以外ないじゃないですか。シリーズ当初のトーマスを意識したキャラなフィリップはそれができるのが強みだなあと思います。大人の事情に振り回されて覚えたことをどんどん忘れていく主人公とは違い、フィリップは脇役なので確実な成長を感じさしておいしいポジションだなあ。もしかしたら前回のシドニーはその主人公事情を皮肉ってるのかもしれませんね。考えすぎか。考えすぎだなあ。疲れてるんだ、もう寝よう。

 

「急行列車の、お通りだぁーーい!」

f:id:untikun:20161120223738p:plain

#469 ヘンリーか?ゴードンか?(Henry Gets the Express)

あらすじ:おい、起きろよ怠け者、急行遅れるよ。むり、俺準備まだだし。昨日にしなかったのかい?代わりの誰かに仕事とられるぜ。そんなわけない故安心だし。ってことでヘンリーが急行を引くことになったんだ!

思ったこととか

・通常回でも発動、「起きろよ、怠け者さん!(Hurry up, lazybones!)」。口癖にでもする気か。

・急行列車はもうゴードンしか引かない設定に。貨物用にドナダグ買ってたからヘンリーの急行も通常運行で回せそうな気もするけど。というか急行は1本で足りるのか。と思ったら前回ドナダグが急行引いてた。ヘンリーと逆じゃないか?

・駅の1番線から5番線にいるヘンリーと会話するハット卿。どんだけでかい声で喋ってんだあんた。

・ゴードン客にも不愛想なのか。

・ゴードンが困りだした途端楽しそうになるみんな。なんなんだね。

・スカーロイとレ二アス約1年ぶりの出演。

・ちょろ過ぎないかゴードン。

・近年臆病なところが目立ったヘンリーがこの話を境にそういう面が少なめになるといいなあ。楽しそうにしてるヘンリー回ですら珍しいこのご時世。

 

「トーマス!黙ってるって約束したじゃないかー!」「先に約束破ったでしょー!」

f:id:untikun:20161120224346p:plain

#470 ディーゼルのひみつ(Diesel and the Ducklings)

あらすじ:ディーゼルはいつだって乱暴で遠慮なんかしない。優しさなんて要らないし優しくもしない。だけど鴨ちゃんにだけ愛を注いでいるところをトーマスに見られてしまう。内緒にすることと引き換えにトーマスが出した条件とは…。

思ったこととか

・新ディーゼルのテーマ。いつになくポップだ。怪しくてダークな毒薬作ってそうな雰囲気のテーマとは正反対。

ディーゼル機関士、機関車に似て乱暴だった。人格共有?

・久しぶりの登場で蝶を追うハリーとバート。ちょうちょちょうちょ。

・形容動詞「クワクワ」。悟空のワクワクすっぞの「ワクワク」は名詞。

・カラスや怠け者には「さん」付けで鴨は「ちゃん」付け。「さん」はもしかしたらトーマスの中では敬称の意は無くもしかしたら蔑称の可能性も。だとしたらマッコールさん、トロッターさん、バブルスさん他ドンマイ。

・バートよく見たら列車引いてる。ハリーと連結しないのね。

・いたずら貨車に意地悪できるディーゼルが見れようとは。ディーゼルは貨車には負けてる印象があったんだけど、最近貨車たちが可愛いから立場逆転も無理ないか。ある?

・抱きしめるとか柔らかいとかそういう感覚が機関車にもあるのか。誰か生態調査してきて。

 

「頑張るんだサムソンッ!こんな丘ッ!すぐに!超えて、見せるぞぉ!」

f:id:untikun:20161120225115p:plain

#471 じかんをせつやくしよう(Saving Time)

あらすじ:時間を節約しよう。

・サムソンの所属事情が話されるのは今回が初な気がする。

・挨拶するトーマスとスタンリーに対してンッンーなディーゼル。いつか操車場組のエピソードが見てみたいなあ。それとスタンリー代役。河本さん。

・サー・ハンデル喋る。

・前は煽りすぎで非があるのはサムソンだけでないといったが今回は明確なアドバイスもしてるのでサムソン援護がむずかしい(別にする必要もない)。

・信頼無いトーマス。ここ数年は頑張ってたのに。

・結局サムソンは汚名挽回しかできないことを表す救いようのないオチがなんとも。サムソンの性格上他より上回っていることをアピールしたいがために例えお手本を見せても彼はそれに倣うかどうか怪しいところ。そんなんで仕事うまくいくのかと思う方は次の回にヒントが。

・で、こやって彼のドジなとこを見せまくってるのは、後でサムソンがものすごく格好良い回が控えてるからでしょう。そうでしょ?…やってくれるんでしょう?や…やってくれ!たのむ…アンドリューさん‼ もといブレナー‼

 

「石を積む高さは公式の鉄道安全マニュアルに決まりがある‼ この貨車は、その高さをなんと9mmもオーバーしているぞ‼」

f:id:untikun:20161120225620p:plain

#472 ブラッドフォードってきびしい(Bradford the Brake Van)

あらすじ:貨車たちはいつだって乱暴で遠慮なんかしない。おいコピペすんな。だがサムソンの引く貨車はとても行儀がいい。本土のだもんね。そうではなく彼のブレーキ者ブラッドフォードのおかげらしい。それを知ったトーマスは彼の手を借りることにする。

思ったこととか

・新キャラ「ブラッドフォード(Bradford)」。彼の規則に厳しすぎる性格とサムソンのバカ真面目さが合わさればとてもいいコンビになるそうで。なら常時一緒にいとけよと思う私であった。

・トーマスには珍しいアニメチックな画面分割。というか画面分割自体アニメチック。

・後ろの貨車だけ後ろ向きとか可愛そう。全員同じ向きでええじゃないか。

・石の高さを注意するんだったら積む前に言ってほしいぞ。積んだ後に言われてもねえ。

・ウィフの貨車には顔無いからブラッド要らなくないか。

・貨車の汚れ云々は安全関係ない気がしまする。

・なんでランプのヒビとか線路上の葉っぱとか見えるんですか。

・例え安全を守って走ったとしてもハットちゃんはどーせ時間通りに走んなきゃ怒るんでしょ。機関車からしたら理不尽極まりない。叱られるられないの話ではないんですが。

・ブラッドフォード、誰とも協調できずさようなら。もう出ません。ディーゼルとかと違って正論を言っているのに(行き過ぎではあるが)機関車たちからいなくなって清々されるとは、ソドー島は真面目が来るところじゃないな!もし来たら話の通ずるダックのとこへ行くといい!

・といった風に機関車たちの嫌らしさがいつになく強調された話でした。何?嫌らしさがなかったら「彼らにしてはいい子すぎる!」とか言って批判するくせにだって?必要なのはバランスだ!嫌な奴いい子に限った話ではない!永遠の敵同士の間にもバランスが必要だ!それはお前と私の間にも!すばらしい変化がお前を待っているぞ、m(以下省略

 

f:id:untikun:20161120230034p:plain

#--- 全体的な感想(Overall Comment)

面白い話が多いですねな印象。19シーズンより?と言われるとまだ始まったばかしなので何とも言えませんがスタート時点ではいい印象。というか半分公開された原語版でもハズレな感じの回が無いです。英語わかんないから絵を楽しんでるだけなんですけどね!

しかし18シーズンでスタートは良かったけど後半6話で一気にだれたっていうパターンもあるから油断はできない。というか18シーズンは当たり外れがでかかった印象。そう考えるとやっぱり全体的に安定してある17シーズンは(個人的には)最高ですな。

17シーズンの素晴らしさを改めて実感したところで次回!

デイジー、デニスを吸収

ソドー島、妖怪が出る

ハット卿、溶解液を出す

の3本でお送りいたしまーす!