あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

汽車の絵本原画展レビュー イン・ザ・オーサカ

f:id:untikun:20140807234735p:plainf:id:untikun:20140807101111j:plainf:id:untikun:20140807120624j:plainf:id:untikun:20140807101114j:plain

行ってきたよ!2回目!

一言でいえば、

ダルビーやべえ。

もう一言足すと、

ケニーやべえ。

さらにもう一言足して、

夫妻やべえ。

もっと一言足してしまうと、

スポングやべえ。

おまけに一言足すと、

マテル木製でパーシーだけ今年から顔変えるのは卑怯だと思う。

前回→きかんしゃトーマス絵本原画展 感想 イン・ザ・キョート 

今回はじっくり見てきました。原画だから見れる厚塗り感、下描きの跡とかを。こんな機会レアだよ、レア。ほとんど小さな原画なんですが、その小さい紙に命吹き込めるなんてすごい。

ダルビーは風景も素晴らしいのですがライトが凄いきれいなんです。丁寧というか。

File:TroubleintheShedRS1.PNG

この直線的な感じが何とも。

ケニーは、スカーロイ鉄道が素晴らしい。なんか、こう、自然が多くて、こう…

File:HomeatLastRS7.png

見せた方が早いや。

エドワード夫妻はリアルで機関車や人が生き生きしてます。特に笑顔がステキです。

File:Buzz,BuzzRS3.png

ついでに左端のおばあさん、原画では下書きが残ってます。

そして去年から引き続き額縁なしのクライヴ・スポング。

File:EdwardAndTheCabbagesRS6.png

この人、漫画タッチもリアルタッチもいけるからすごいよね。

あと、最後の初版(ダルビー版かペイン版かは不明)2巻の挿絵、微妙に違います。

File:ThomasTheTankEnginefirstedition.pngFile:ThomastheTankEngineCover.png

左:初版かどうかわからないが、古いの(原画展ではこの挿絵が初版として飾られておりました)

右:現在

横の草原の描き方が全然違います。つまり左のはペインって事でいいですね!ダルビーも丸写ししたらしいし!まず初版だしね!

 

あと模型は走ってませんでした。関西では走っちゃダメなのか・・・!?

ついでに42巻も購入。最後にthe ENDって書いてるのね。TV版は最終回どうするんだろうね(まずあるの?

 

-The End-