読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あしあとモンチッチーズ

なんかいろいろ好き勝手書いてます

キャラ紹介10トビー

「絶対走ってみせる、この線路がもつ限り!」

f:id:untikun:20151103173116p:plain

トビー(Toby)

※1973~81年出版の原作絵本日本語版と1990~96年に出版アニメ絵本版ではトービー。どちらもポプラ社より。

データ

車輪配数0-6-0 カラーリング:チョコレート色 種類:蒸気式路面機関車 初台詞:ムーッ

説明

トビーとは、前に牛よけ(かっこよく言うとカウキャッチャー)、側面に脇板(かっこよく言うとホウィールカバー…だよね?)がついた木製路面機関車。電気で動かない。原作者オードリー牧師が旅行先で見た機関車が元。ついでに牧師の息子クリストファーのお気に入り。モデル車輌はGER Class C53 Tram。

経歴 

若いころは、グレート・ヤーマス港で兄弟と共に働いていたが、田舎の鉄道へ転勤。終いには近代化の波によりお払い箱となる。しかしその直前に出会っていた太った紳士(実はハット卿)に送られた手紙によって、1951年ソドー島で働く事になる。ちなみに兄弟の行方は不明。性格はマイペースで少し臆病。TVシリーズでは年老いてるというが、実はトーマス達と同年代。ボイラーは室内にある。現在では、自分の支線(3シーズンから登場。ファーカーの先にある石切場周辺の路面区域の事だと思うんだなあ)と自分の車庫を持っている。小さくて力が余り無い。ヘンリエッタという客車を持っている。汽笛でなく鐘を鳴らすが、4シーズンでは汽笛常備。

f:id:untikun:20160522130844p:plainFile:TheGreenController3.png

▲田舎の鉄道にもハット卿の鉄道にもあるアールズデール・エンド駅。2014年版の地図ではファーカーの石切り場より北の方にあるらしい。ずっと本土の方かと思っていたが田舎の鉄道はソドー島内にあったのか?詳しい情報をください。

File:TobyandtheStoutGentleman19.jpgf:id:untikun:20160522131030p:plain

▲トビーの機関庫。アールズデール・エンドの奥の方にある。10シーズンからは屋根の改装、鳥小屋が追加。実はターンテーブルあった。どういうワケが没に。ついでによく機関庫のシーンでよくトビーが省られてるのはここで寝てるからだよ。

エピソード

・来島当初、ジェームスに「ぅわぁーっきったないやつだア」と言われるが、その後ジェームスがタール車に突撃。ジェームスが「きたないきかんしゃ」になったとさ。ちゃんちゃん♪(原作7巻3話)

・毎年、海辺の村で観光客のためにパレードが開かれ、ある年トビーが出し物になるが空きがなくなったから用無しになる。空きって何のだ。(原作32巻2話)

管理人コメント

何でターンテーブル没になったんだろ。

声優

英国CV:コルム・フィオール(長編1作目)ベン・スモール(長編4作目~18シーズン)ロブ・ラックストロウ(19シーズン~)

米国CV:コルム・フィオール(長編1作目)ウィリアム・ホープ(長編4作目以降)

日本CV:川津泰彦(1~7シーズン)坪井智浩(9シーズン以降)

関連商品

きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ トビー(Y4081)

きかんしゃトーマス 木製レールシリーズ トビー(Y4081)

機関車トビーのかつやく (ミニ新装版 汽車のえほん)

機関車トビーのかつやく (ミニ新装版 汽車のえほん)